ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

嫌われる勇気の名言に感動!ドラマ感想と軽いネタバレをお届け

スポンサーリンク

 

「私は誰かのために生きているわけじゃありません。」

 

香里奈さんが発する名言の数々に、感動の声が集まっています。ドラマ【嫌われる勇気】では誰もが共感する強いメッセージが散りばめられているのです。嫌われる勇気の感想と明言をお届けします。

 

f:id:seseo11:20170124034345j:plain

 

嫌われる勇気の名言に感動

フジテレビで久々の主演ドラマとなる香里奈さん。例のスキャンダルからは一時芸能界引退も囁かれたわけですが、最近では雰囲気も変わって完全復活のようですね。

 

今回の役どころは警視庁捜査一課の刑事役。ドラマ「嫌われる勇気」では数々の難事件に立ち向かいながら、生きていくとは何かを問いかける物語となっています。

 

そんな嫌われる勇気では様々な名言が登場。

 

誰だって「周りの人に好かれたい」と思っていますよね。でも生きていくなかで地球上すべての人間と仲良くするのは無理な話…誰もが人間関係に悩みながら毎日を過ごしているはずです。

 

そんな人々の胸に突き刺さる、劇中の名言をお伝えします。

 

「私は誰かのために生きているわけじゃありません」

 

「いつまで経っても変われないのは自分自身が変われないと決心しているからです」

 

「人は、色々と不満はあったとしても、『このままの私』でいることの方が楽であり、安心なのです」

 

「その考え明確に否定します」

 

「私は他人の目を気にするという不自由な生き方を選択していません。私は他人にも自分自身にも嘘をつきたくないだけです」

 

「死ぬくらいなら 嫌われれば 良かったんです」

 

名言の数々、いかがでしたか?あなたの心に響く言葉はありましたか!?

 

嫌われる勇気の原案となった「アレフレッドアドラー」名言集には、「人の悩みのすべては人間関係である」という意味合いの言葉も残されています。

 

ドラマの感想を少しだけ言うと、内容としては少し物足りないものもありますが、それを吹き飛ばしてしまうほど威力のある香里奈さんの台詞に脱帽です。

 

このドラマ、放送回数を追うごとに視聴率が上昇していきそうな感じですね。以上、ドラマ感想と軽いネタバレまとめの記事でした!!

スポンサーリンク