ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

たばこ税を増税する理由…2016年はいつから?金額はいくらに

スポンサーリンク

 

最近ではタバコを吸う人の肩身が狭くなる一方ですね。

 

たばこ税が増税される理由とは、なぜなのか…2016年の増税案が出ているようですが、いつから値上がりするのでしょうか?

 

金額は1箱1,000円を超えるとの話もあり、愛煙家は厳しい選択を迫られそうです。

 

※過去記事の再アップになります。

 

たばこ税を増税する理由

「っていうか、マジでタバコの値段が上がりすぎ。販売している人はさぞ儲かっていることだろう…」と思っている人もいることでしょう。

 

ところが、タバコの値段の半分以上は税金だって知っていましたか?つまり、値上がりしているのは事実上、タバコ税だけなのです。

 

2015年の現在でもたばこ税の金額は相当なものですが、実は2016年にさらに増税し、「1箱1,000円」でもいいのではないか、との案が出ている様子。

 

自民党の受動喫煙防止議員連盟という組織が要望書を出したそうです。そんな団体があったんですね、知りませんでした…会長は山東昭子さんが務めています。

 

2016年のいつから値上がりするのか気になるところですが、そもそも、たばこ税が頻繁に増税される理由はなんでしょうか? 一言で簡単に言うと、「増税しやすい」から。財政に困ったときはコレ、みたいな感じだと思います。

 

批判も受けにくいですしね。 つまり、タバコは健康に悪いし周囲への迷惑もあるし、例えどれだけ増税しようとも世間一般からの批判は浴びにくい。

 

消費税などと違って影響を受けるのは愛煙家だけなので、「増税が嫌なら禁煙すればいい」と世論も後押ししてくれます。 まさにタバコ税は政府にとって「金のなる木」なのです。

 

そういった理由もあって、今後も遠慮なくガンガンと増税が進むと予想されます。

 

2016年はいつから?

2016年は、いつから値上がりするのか… 来年の税制改正で計画しているようですが、驚きなのはその値段。

 

ひと箱1,000円くらいの金額も検討しているそうで、これはお財布が大ピンチになりそう。ちなみに筆者は喫煙者ではありませんが、愛煙家の皆さんにとっては相当な打撃となることは間違いないと思います。

 

現在の時点では明確な増税時期は公表されていませんが、すべては国会で通るかどうかですね。2016年の行方に注目です。

 

 

政府のいつもの手段として、最初は「1箱1,000円」みたいに少し多めの金額で煽っておいて、値下げして「1箱700円」ぐらいにしました、的なお得感を演出しそうな気がします。

 

この心理学的な手法って、増税されたのに「想像以上に高くならなくてよかった」みたいに、簡単に騙されることになっちゃうので要注意。

 

dododo.hatenablog.jp

 

まあこれで喫煙率がどれだけ変化するかは分かりませんが、日本もこれからは海外と同様に、たばこ税の増税が加速しそうです。

スポンサーリンク