読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

転職 女性の30代。事務職の正社員を目指すあなたへ

転職と就職活動

スポンサーリンク

 

女性の転職。30代という年齢は、微妙な時期でもあります。

 

事務職で正社員になりたいと願う女性は多いですが、その倍率は高く、30代で転職ということが有利にも不利にもなることがあるのです。

 

女性の30代ってどんな時期?

もちろん人によって様々ですが、生活面などでの環境の変化もあります。

 

・さらなるスキルアップを目指したい

・旦那の給料だけではやっていけなくなった

・子供が大きくなってひと段落した

・デスクワークの事務職へ転職したい

・今の職場の人間関係、収入に不満がある

 

これまでも事務職だった女性は、違う職場でチャレンジしてさらにいい給料・待遇を求めてスキルアップをはかる人もいるでしょう。

 

また、今まで営業職や実力主義の仕事を経験してきた人は、結婚などを機にデスクワークへと転職を望む人もいます。

 

現在は共働きは当たり前で、旦那の収入だけでは生活が厳しいという人達がほとんどです。 家計を助けるために働く女性も多いですし、子育てが落ち着いたのでもう一度働いてみたい、と考える人も多いのです。  

 

30代の前半か、30代の後半か

30代での女性の転職は、35歳をすぎているかどうかで大きく変わります。  

 

■30代前半の女性の場合

これはいくらでもチャンスがありますし、これまで正社員として働いてきた経験があれば、面接でも十分にアピールできると思います。

 

事務が未経験でもある程度パソコンスキルがあれば通用しますし、やる気をいかにアピールするかがポイントになります。 できれば「簿記の資格」などがあるほうが望ましいです。

 

小さいお子さんがいる場合などは面接で現状を素直に話し、どんな働き方ができるかを伝えましょう。

 

また、未経験で事務職を希望する場合、「事務の仕事は人間関係もドライそうだし、ラクに仕事できそう」なんて考えて転職する人もまれにいますが、それは大間違い。

 

楽な仕事なわけではないですし、営業職とのやり取りがあったり事務職通しでの人間関係があったりと、当然コミュニケーション能力も必要なのです。

 

資格やスキル、経験などはできるだけあったほうがよく、この会社に入れば自分はどんなことができるか、ということを考えてみましょう。  

 

■30代後半の女性の場合

これは事務職に限ったことではないのですが、35歳を過ぎてからの転職は、男性も女性もかなり厳しい現実が待ち受けています。

 

「30代後半の女性が事務の正社員はムリ」というような考え方を持っている人もいますが、これはリーマンショックや円高など過去の不況による影響なだけで、決して転職できないわけではありません。

 

とは言えこの年齢になると若さは通用せず、「スキル」「即戦力」が当然のように求められてきます。 ある程度の資格やスキルがあるのは当たり前で、そこから即戦力として会社のためにどういうメリットがあるか、という明確な理由を面接官は探しています。

 

また、この年齢の人が中途採用として入社してくる場合、人間関係やコミュニケーション能力が大丈夫そうかも重要視されます。 即戦力として働くことができれば、十分に転職のチャンスはあるでしょう。

 

子供がいる女性は、その業界への転職もあり

現在の雇用環境は以前ほど厳しくはなく、転職する側にとってもいい方向になりつつあります。 それでも子供がいる30代の女性にとっては、面接も色々と考えることがあるのです。

 

「子供が急に熱を出したらどうしますか?」 「お子さんが小さいようですけど、正社員の勤務時間で働けるんですか?」 というような質問をされた人も多いと思います。

 

もちろん、面接官もいじわるで言っているのではないのですが、そんなことを聞かれても困ってしまいますよね。

 

子供のことが大事なのは当然ですし、一方でできるだけ会社に迷惑がかからないように働きたいとも考えているし。。。働く条件が合わず厳しい場合には、子供業界の事務職への転職もありでしょう。

 

例えば、子供服の会社やオモチャ会社の事務、幼児向けのビジネスを展開している企業の事務などです。 こういった企業であれば柔軟に対応してくれる可能性が高いですし、子供を持つ母親としての立場から色んな意見も重宝されるはずです。

 

実際に「働く母親」として募集している会社もありますし、視野を広げて探してみるのもいいと思います。 この業種でなければ嫌だ!という思いがなければ、色んな職探しの方法がありますし、その会社によっても対応は様々ですから。

 

やっぱり人が大事!

30代の女性が事務職として正社員を目指すためのアドバイスを紹介しましたが、何だかんだ言っても、結局大事なのは『人』です。

 

経験やスキル、年齢など転職する際に悩むことは多いでしょう。 しかし実際に働くということは「人と人との関係」ですから、あなたという人柄をアピールできれば、数々の常識は崩れてしまいます。

 

応募要項に「35歳以下」と記載があっても、実際に面接をして「この人となら一緒に仕事ができるかも」と思ってもらうことができれば、39歳だって関係ないのです。

 

条件はあくまで募集を絞るための条件であって、そうでないといけない、ということではないのです。

 

転職の際にはたくさんの履歴書を書き、嫌な思いもして挫折することもあるでしょう。 しかし諦めずにチャレンジし続ければ、必ず結果はついてくるものです。

 

5~6社くらい受けて落ちたからあきらめるのではなく、「このぐらいは当然だ」と割り切って続けてみましょう。 きっと、あなたを必要としているところが見つかるはずです。

スポンサーリンク