読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

派遣社員のメリットと年収。産休の実態と契約社員・正社員との違い

スポンサーリンク

 

派遣社員の年収の平均はどのくらいでしょうか?

 

産休や待遇も契約社員・正社員とは違い、メリット・デメリットがそれぞれ存在します。そんな派遣社員の実態や労働条件について見てみましょう。

 

派遣社員とは。メリットとデメリット

派遣社員とは、派遣会社に雇われて、契約先の企業などに派遣されて仕事をする社員のこと。

 

つまり、Bという会社に派遣されて働いていてもその会社の社員ではなく、あくまでも雇い主である派遣会社の社員であるということです。

 

時給が1500円~2000円という所も多く、働き方によってはかなりの収入を得ることができます。年収はスキルや職種によって異なりますが、平均年収は200万円~300万円くらいだと言われています。

 

契約社員や正社員よりも多くの給料を得る可能性がある一方、ボーナスはなく、福利厚生などは派遣会社によって様々なので、メリットもデメリットもあります。

 

正社員に比べて大きな責任もなく、気楽に働きたいという女性たちも多く利用している制度でもあり、労働人口はかなり増えています。

 

社内での人間関係に悩みたくない、嫌になったら辞めればいいという想いでこのワークスタイルを選ぶ人もいて、企業にとっても一時的な即戦力として雇うことができるというメリットがあります。

 

専門的なスキルを持った人の場合は「時給が数千円」というスーパー派遣社員のような人も存在し、あえてこの働き方を続ける方もいるのです。

 

ただし、交通費が出なかったり望んだ手当てがなかったり、派遣先からの要望で途中で契約を切られたりすることもあって、リスクは付きまとうのが現実です。

 

派遣社員の事業の内容としては、生産工程労務業・事務・販売・サービス業・管理業・専門的技術業などがあげられます。

 

派遣社員の産休や育休

稼ごうと思えばそれなりの収入と年収になる派遣社員ですが、待遇面などを見ると、正社員や契約社員とはだいぶ異なる面があります。

 

派遣社員も、産休や育休が取得できるようになりました。10年くらい前までは無理だったのですが、最近では認知もされるようになり取りやすい傾向にあります。

 

産休と育休は雇い主である派遣会社によってそれぞれ異なるのですが、一定の条件を満たせば取得できる会社がほとんどで、出産育児一時金や出産手当金、育児休業中には育児休業給付金を受けることができる人材派遣もあります。

 

しかし、法律的に認められていて人材派遣の会社もOKだからと言って、派遣先の企業で実際に産休をとれるかというと、そうでもありません。

 

これは派遣先の企業にもよるのですが、「派遣社員が産休をとるなんて・・」という、周りから白い目で見られるという残念なことがあった例もあります。 最悪の場合は労働基準監督署に相談するという手段もありますが、まずは人材派遣会社に相談してみましょう。

 

重要な派遣会社の選び方

正社員や契約社員とは雇用形態が違う分、どの派遣会社に属すかということがとても重要になってきます。

 

極端な話、自分たちの利益だけを優先して派遣社員を奴隷のように扱うところもあれば、仲間として本当に派遣社員のことを考えてくれるところもあるのです。

 

大手の人材派遣だからといって安心できるとは限りません。 口コミやネットの評判も大事ですが、一番いいのは実際にそこで働いた事のある人の体験談などがあればいいですね。

 

派遣会社の取り分(マージン率)が多すぎるところも問題です。 取り分といっても保険や経費などが掛かるのはしょうがないのですが、それ以上に不当に搾取している悪徳な人材派遣も多く存在します。

 

取り分として50%(時給の半分以上)も搾取する人材派遣なんかは異常です。 ランキングや口コミなども比較して、どこに登録するのかを考えましょう。

スポンサーリンク