読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

フリーターと正社員の比較。女性や結婚、税金や年収の違い

スポンサーリンク

 

フリーターの未来って大丈夫? 正社員との比較や年収の違い、税金などの不安要素を紹介。

 

急増する女性フリーターと結婚の関係とは・・・一人暮らしの家賃と費用って皆どうしてる!?

 

フリーターと正社員の違いって何?

いつの時代も比較されるフリーターと正社員。その違いは何でしょうか?

 

確かに、収入や年収の差があるのは事実ですし、税金だって払っていくのがやっとなフリーターは貯金も厳しいのが実態です。 ですが最も重要視されるのが「未来」です。

 

一人暮らしでギリギリの生活をするフリーターが増えています。家賃や光熱費などの費用も払えない、というくらい追い込まれることもあるし、そんな生活をずっと続けられるわけではありません。

 

正社員は基本的に給料が固定で安定しているのに対し、フリーターは月によって波があるし、ボーナスがないことがほとんどです。

 

なので収入は毎月のアルバイト料のみ、ということになります。 フリーターの平均年収は150万円~200万円と言われていて、地方か都内かでも異なりますが、正社員の年収を超えることはほぼありません。

 

正社員の平均年収は400万円~500万円が目安であり、フリーターとの生涯賃金の差は2億円くらいになるとも言われています。 驚く人もいるかもしれませんが、ボーナスや退職金などを合わせて考えるとそれぐらいの違いになるのです。

 

もちろん簡単に比較することはできませんが、怖いのはその後の就職活動にも影響する未来なのです。 一度フリーターとしてアルバイトを続けると、なかなか抜け出せなくなっていきます。

 

自由な時間も出来てそれなりに休みもあり、なんとなく心地いい生活を過ごしていくと、あるとき正社員を目指して職探しを始めた瞬間に「大きな壁」に気付くのです。

 

「なぜフリーターをしているんですか」 「どんなスキルや実績がありますか」 「正社員の経験はないんですか」

 

面接で色んなことを聞かれ、こんなはずじゃない、と考えてしまいます。 夢がある、と言えば聞こえはいいですが、現実社会ではフリーター生活が長くなれば長くなるほど、将来に不利になっていきます。

 

よほどの事情があってフリーターとして働いている方でなければ、本当は定職についた方が自分のためにもなるのです。  

 

女性フリーターの結婚と不安

一人暮らしのフリーター女性が多くなっています。

 

女の人の一人暮らしはただでさえ大変ですが、フリーターで収入が限られていくと貯金もできず、将来への不安も高まっていきます。

 

一人暮らしだと10数万円は自動的に吹っ飛び、残りの金額でなんとか生活をしていくことになります。 家賃や光熱費を支払い、余った分を食費にまわして残った僅かなお金を洋服や飲み会に・・ そんななか、「早く結婚しないと」と考える人もいるでしょう。

 

しかし同時に「本当に自分は結婚できるんだろうか」と悩んでしまいます。

 

女性であればオシャレもしたいし友人と遊びにいきたい、旅行も行きたいし美味しいご飯も食べにいきたい、そんな年頃のはずですが、フリーターだと彼氏ができても「私で大丈夫だろうか」と考えてしまう女性が多いようです。

 

若者に人気の職業でもある「キャバクラ嬢」も、実際はフリーターと変わりません。給料や年収はかなり得ることができますが、「未来」「将来」という意味では同じ危機感があります。

 

女性は結婚すれば大丈夫、という考えは昔から存在しますが、現代社会ではその考えは破綻しつつあり、自分の今後をしっかりと考えなければなりません。

 

払えない税金や保険料

フリーター生活を続けていくと、困ってくることがあります。

 

それは決して逃れることができない税金。年間所得が所得税103万、住民税99万を超えると支払いが必要になってきます。

 

そして他にも健康保険や国民年金もあり、フリーターの収入でこれを払っていくことはけっこう厳しいのです。 フリーターだから税金なんか関係ない、と思っていたら大間違い。

 

収入が増えれば増えるほど、払う金額も大きくなっていきます。 どうしても支払いが厳しい時は役所に相談すれば待ってもらえますので、放置だけはしないように気をつけましょう。

 

アルバイト先によっては福利厚生や保険が何もなく、全て自分で払うという人もいるはずです。 年収によっては確定申告も必要になるので注意が必要です。

 

フリーターと正社員の比較と言っても、違いは年収のことだけでなく、今後の未来に様々な変化をもたらすことが理解できたと思います。しかしだからと言って、「フリーターはダメだ」ということではありません。

 

人それぞれ事情や考えがあって、今の生活を続けているはずです。夢のために努力している人もいれば、本当は定職について働きたいと思っている人もいることでしょう。

 

未経験の状態から正社員を目指すというのは、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなっていきます。 もしもいま悩んでいる人は、少しずつでも行動を起こしていくことが大事で、まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。

スポンサーリンク