読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

やりたいことがないフリーターが仕事を見つけるには?

スポンサーリンク

 

やりたいことがない、見つからないフリーターはどうしたらいい?

 

やりたい仕事がない人はどうすればいいのか、悩んでいるフリーターの人達はたくさんいます。 夢と現実の狭間で揺れる、若者の就活の実態に迫ります。

 

やりたいことがない理由は?

人生で本当に自分がやりたかったことをできる人は、限られています。

 

自分の好きなことを突き詰めてその分野で一流になる人、ただの趣味が仕事になっていった人など様々ですが、そんな人はごく一部なのです。

 

多くの人は「やりたくない事」をやっています。

 

生活のため、収入を得るため、働かないと生きていけない社会の現実を前にして、「仕方がない」とあきらめて仕事を頑張っています。 これがいいか悪いかは別として、そういった現状があるのです。

 

やりたいことがない、と言っている人にも、好きな事や夢はあるはずです。

 

漫画やアニメが好き、旅行やファッションが好き、モデルになりたい、サッカー選手になりたい、海外で生活したい… しかし多くの場合、ほとんどの人が直面するのは「現実」です。

 

自分の趣味があっても、これを仕事にして食べていくのは無理だ、夢があっても、どうせ叶うわけない、金銭的にどうすることもできない、とあきらめてしまっています。

 

フリーターの方もそうですが、本当はやりたいことがないわけではありません。 現実的に考えて、自分の好きな事を仕事として生活していくことは不可能だと思い、実際に出来ることを選択肢から除外していきます。

 

そうした結果、「やりたいことがない」となってしまうのです。  

 

なぜフリーターなのか

フリーターとして働いている人達には、大きく分けて2種類のタイプがあります。

 

自ら好んでこのワークスタイルを選んでいる人と、本当は嫌だけど事情があってフリーターを続けている人です。

 

まず、好きでフリーターをやっている人には、色んな理由があると思います。 自由な時間がある、縛られない生き方ができる、そして、とくにやりたいことや夢もないから。

 

この場合に注意したいのは、フリーター生活を長く続ければ続けるほど、就職に不利になるということです。 何年後かに新たな道で頑張ろうと思った時に、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように気をつけたいところです。

 

次に事情があってフリーターを続けている人。

 

これはやりたいことや夢があって、そのための貯金や準備期間なのかもしれませんし、リストラにあって再就職するまでの「つなぎ」という人もいるでしょう。 目標があればがんばっていけるでしょうが、ある程度の期間を定めて働くことをオススメします。

 

就職活動・職探しの実態

近年の就職活動は「売り手市場」とも言われ、とくに大学の新卒は大企業・大手企業から引っ張りだこで、多くの会社が争って獲得しようとしています。

 

アベノミクス効果や日本経済の景気回復により、以前の「就職氷河期」と呼ばれた就職活動は過去のものとなりました。

 

しかし、中途採用や再就職、フリーターから正社員を目指す道は、場合によっては厳しい現実もあります。

 

23歳や27歳のタイミングで正社員の中途採用を目指す人も多いのですが、そういった時には経験やスキルが要求されてくるので、そこで挫折してしまう人も。

 

特にフリーターの場合は、面接で「どうしてフリーターをしてるの?」と必ず聞かれますし、その回答によっては採用判断にも影響を与えます。

 

最近は大学生の中でも、やりたいことがない・見つからないという就活生が増えていて、どうやって職探ししたらいいか分からないと迷っている学生も見かけます。

 

本当にやりたい仕事を見つけるというのは、全ての大人にとって意外と難しいことなのです。  

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

好きな事からトライしてみる

ほんの小さな趣味や、好きな事に挑戦してみるのもいいと思います。多くのフリーターは色んな事をあきらめ、現実的になりすぎて自ら視野を狭くしてしまっている可能性もあります。

 

何かのきっかけで「やってみよう」と思うこともあるでしょうし、仕事として取り組むうちに充実感や達成感が生まれることもあるはずです。 まずは第一歩を踏み出し、チャレンジしてみることです。

 

もしも失敗したら? その時はまたやり直せばいいのです。

 

また、夢も希望もない、という人もいますが、別に夢がないのは悪いことではありません。 私たちは、小さいころから教育の中で「将来の夢」を強制されて育ってきました。

 

しかし大人になると「現実と嘘」を知って希望を見失いそうになります。夢なんて持っても無駄なだけ、と考えてしまう大人もたくさんいます。

 

しかし人生は一度きりです。

 

どうせなら、楽しく生きた方がいいと思いませんか?やりたいことがないと思っている人は、もう一度自分の姿を見つめてみましょう。 新たな自分を、発見できるかもしれません。

 

スポンサーリンク