読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

フリーターから正社員へ!面接のコツと男女の生涯賃金の違い

転職と就職活動

スポンサーリンク

 

フリーターから正社員を目指しているあなた!

 

求人と職探しの実態を知っていますか?面接でのポイントや、フリーターであるために異なる生涯賃金についても知っておきましょう。

 

フリーターが正社員へ、面接のポイント

フリーターを卒業して正社員になる!と決めたものの、なかなか上手くいかない就職活動。 こんなはずじゃなかった、そんな現実に打ちひしがれて終わる毎日…

 

そんな日々を経験することになるのが、初めての「正社員への道」です。 求人情報や転職サイトなどで情報収集し、履歴書を送る日々。 そしてなんとか面接までこぎつけても、様々な「壁」にぶち当たってしまうことがあります。

 

フリーターであるがゆえに不利になる事とはいったい何でしょうか?多くの人事担当者や面接官が必ずといっていいほど聞きたがるのが、「なぜフリーターをしているのか」という質問。

 

これにどう答えるかによって、あなたの印象は変わってくるのです。

 

「正社員の経験は?ないですか、そうですか…あなたが今フリーターとして働いている理由は何ですか?」と向けられる面接官の厳しい目線。面接での答えに正解はありませんが、ここでは自分の想いをきちんと伝えることが重要です。  

 

・なんとなくフリーターをしていた

・正社員で働く気になれなかった

・時間に縛られるのが嫌だったから

 

これらの理由は、例え本当であったとしても面接でそのまま回答するのは好ましくありません。 マイナスのイメージを持たせてしまうことも多く、この人を採用したらこの会社でちゃんとやっていけるのだろうか、と不安を抱かせてしまいます。

 

自分の信念やポリシーがある場合はきちんと伝え、夢のために続けてきたのであればその事も話してみましょう。

 

また、就職活動に失敗してフリーターになってしまった場合や、リストラされて生活を支えるために止む無く、というような事情がある場合も、正直に話してみましょう。

 

一番よくないのは、「この人は嘘をついているな」と思われることです。

 

企業で働いているのは「人と人」ですので、自分が思ったことや感じてきたことはある程度正直に伝え、正社員になって働きたいという気持ちをアピールしましょう。

 

ただし、志望動機が「正社員になりたい」ではダメです。 なぜその会社で仕事をしたいと思ったのか、その部分をピンポイントでアピールして、熱い思いを分かってもらうことが大切なのです。

 

フリーターと正社員、男と女の生涯賃金

フリーターというワークスタイルは、自由な働き方で楽しそうに見えることもありますが、生涯賃金について考えると、正社員と大きな差があることが分かります。

 

男性の場合は1億5千万円~2億円、女性の場合は1億円~1億5千万円くらい、生涯賃金が正社員に比べて少なくなるのです。

 

それぞれの職種や専門的なスキルによっても異なりますが、定年まで仕事をすると仮定した場合、生涯賃金に大きな違いがあることが理解できると思います。

 

また、どちらかと言えば、女の人よりも男の人の方が、フリーターから正社員になるのが難しい傾向にあるとも言えます。

 

これは「男性は当然、正社員として働いているべきだ」という、昔ながらのというか、固定観念のようなものが社会的に残っている部分もあり、そういった実態が面接にも反映されてしまっているのかもしれません。

 

女性は結婚するだろうし、アルバイトやパートとして働いていても不思議はない、という見方も同じことが言えます。 ただし、現在の日本社会では女性の社会進出も当たり前の事となってきているので、今後はもっと改善されていくことでしょう。

 

いずれにせよ、フリーターの場合は手当や保証がほとんどなく、何かあった時に対処できなくなるというリスクを常に抱えています。

 

正社員のような社会保険や厚生年金がない場合もありますし、ボーナスに至ってはほぼ無いのが現状と言えるでしょう。 時給換算による給料なので残業すれば収入も増えますが、逆に病気になったりして仕事を休むと、収入が一気にゼロになってしまいます。

 

実家暮らしの人や自分ひとりで生活している人は、あまり危機感がないかもしれません。しかしこれから先、恋人と結婚することになれば、家族や子供の事を養っていかなければなりません。

 

そうなっていざ就職活動を始めても、思わぬ現実に直面して上手くいかず、挫折して何もかもダメになってしまうという最悪の事態も考えられます。

 

本気で正社員を目指す方は、できるだけ早めの行動をオススメします。  

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

フリーターから正社員の求人

求人を探すとき、どうやって探していますか? ハローワークに行ったり求人雑誌を買ったり、ネットで求人情報を検索する人もいると思います。

 

最近ではスマホの普及により、誰でも簡単に求人を探せるようになって、無料登録しておけばオススメの会社を紹介してくれるサイトまであったりします。

 

正社員といっても色んな業種や企業が存在します。 初めての正社員として職探しをする場合は焦らず、様々な条件なども比較して、本当に自分にあったところに応募しましょう。

 

焦ってしまって就職できたけど、その会社が自分に合わず辞めてしまった…なんてことになれば、次の職探しの時にマイナスポイントとなってしまいます。  

 

また、フリーターからの脱却を図る時にぶつかるのが「未経験不可」という項目。 これが応募条件の中に含まれていることは多く、フリーターにとって就職活動を妨げる要因のひとつでもあるのです。

 

「経験がないから、経験を積むために働きたいのに…」 との思いもあることでしょう。なのに未経験はダメと記載があったら、やる気も失っていくかもしれません。

 

ですが、未経験不可とあっても履歴書を送ったら面接をしてくれた、という例も数多く存在しますし、サービス業などの業種は未経験でも歓迎してくれる会社がたくさんあります。なのであきらめずに、自分が納得できるまで探してみましょう。

 

スポンサーリンク