読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

40代女性の転職で資格って必要?正社員の求人に応募したい

スポンサーリンク

 

40代での女性の転職。 正社員として働くために、やはり資格などは必要でしょうか?

 

年齢制限のある求人情報に悩まされながらも、求められるスキルと経験―。 女性の40代という年齢は、転職するのが難しい時期でもあります。

 

40代女性の転職、資格がいる?

何か役に立つ資格を持っていないと、正社員として転職することはできないのか。

 

いえ、決してそんなことはありません。企業によってもそれぞれですし、経験などを重視して採用してくれる会社もたくさんあります。

 

もちろんないよりはあった方がいいですし、「簿記」「TOEIC」「医療事務」などは就職で有利に働き、即戦力として期待もされるはずです。

 

しかし企業側にとっては、スキルや経験などがあるのは当然のことと思われ、それだけでは採用する基準にならないかもしれません。 その会社の求める人材がどういったものか、によって異なってくるのです。

 

例えば、管理者として採用したいのか、現場で働いてほしいのか、マネジメントや会計なのか。。。 即戦力としてアピール出来ても、転職先が求める姿とマッチングしていなければ難しい現実もあります。

 

女性の40代での転職は、書類選考で落とされ、面接までたどり着けないことも多々あり、「経験を生かして働けるのに、どうして年齢制限が・・」と悩んでしまう女性もたくさんいるのです。

 

資格の中でも、より専門性の高い特殊なものは、40代からの再就職でも上手くいく可能性が高いと言えます。

 

看護師や介護士、ファイナンシャルプランナーや金融関係、カウンセラーや医療系の事務など、これらの資格があるとより有利になってくるでしょう。

 

時間や金銭的に余裕がある人は、新たな資格を取ることを目指すのもありだと思います。 また、これらは需給ギャップが生まれやすく、求人情報も多い傾向にあります。

 

転職サイトなどでも募集していることが多く、40代という年齢でも転職しやすい業種で、今後のスキルアップとしても役立つことでしょう。

 

資格・通信講座の【 CareerIndexスクール】

 

正社員にこだわると、道が狭くなることも

正社員として採用されることが、望ましいのは当然です。

 

ただし、金融・保険・看護など、何か専門性の高い資格や経験を持っている人でないと、自分が望んだ条件で雇用されるのは難しいかもしれません。

 

40歳代という女性の方は、色んな人がいると思います。 独身でこれまで仕事を頑張ってきた方、子育てが落ち着いて働こうと決意した方、離婚して生活のために就職・転職を目指している方。。

 

職探しをしている人の数だけ理由があり、望んでいる条件もあるはずです。 現実は厳しく、年齢を理由に断ってくる企業は多いし、ハローワークでさえ相手にしてくれないこともあるかもしれません。

 

自分が考えている給料や労働環境で就職できる人のほうが、実際は少ないのです。 契約社員や派遣社員という選択をすれば、当然、収入・年収は下がるでしょうし、将来への不安も出てくるはずです。

 

ただ、このままずっと仕事が見つからず、生活費も厳しい状況の人は正社員以外の選択も考慮してみる余地はあると思います。

 

日本社会では、仕事から離れている時期が長ければ長いほど就職に不利になるし、年齢を重ねれば重ねるほど転職に不利になる傾向があります。 正社員で働くためのステップとして仕事を探すのも、一つの選択肢として考えてみましょう。

 

中小企業の中に、チャンスはある

経験があってこれまで仕事を頑張ってきた人ほど、収入を落とさず同じくらいの条件で転職したいと考えている方が多いです。

 

大手の大企業だと書類審査で落とされても、地方や町の中小企業などの場合は面接までしてくれることがよくあります。 そういった地元企業などは従業員の数も多くはないですが、タイミング的に募集が出ることがあります。

 

つまり、普段は出ていないけど急な欠員などで求人を出す、ということがあり、こういったチャンスを見つけ出せるように情報収集を心がけることも大切です。

 

多少は賃金が下がっても、アットホームな雰囲気の職場で、結果的によかったと思えるかもしれません。 逆に大手でもハローワークの常連で、常に求人が出ているような会社もあります。

 

給料もよさそうなのにいつも募集している会社・・。 これらの会社はネットで調べたりすれば意外と出てきますが、グレーな労働環境や問題があったりしてすぐに社員が辞めてしまうことが多いのです。

 

ハローワークで募集しているからといって、安心できる会社とは限らないので注意しましょう。 また、職安で職業訓練などを受けるのも有効な手段です。

 

職業訓練は20代~60代ぐらいと年齢層も幅広く、ここから資格がとれるものもありますし、受講すると関連した企業を紹介してくれたりもします。

 

あきらめないことが大切

もうダメだ、もう無理だ、と落ち込んでしまう時。

 

そんな時は誰にでもあります。悔しい時もあります。 「自分はまだ働けるのに」 「どうして年齢で決めるんだろう」 弁護士や医者や看護師であれば、転職で悩むことはそんなにないかもしれません。

 

金融や法務のスペシャリストであれば、年収もアップして上手く転職できるかもしれません。 でもそんな人は、ほんの一部分なのです。

 

多くの人は同じような悩みを抱えていて、いろんな理由があって転職先や就職先を探しています。 見つからないのは、あなたのせいではなく、タイミングや時期もあるということ。

 

需要と供給があっていなければ、探す人ばかりになってしまい、根気よく活動を続けることが大事だということ。 100%満足できる会社なんてありません。しかしあきらめないで続けていれば、きっとあなたが納得できるところが見つかることでしょう。

スポンサーリンク