読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

G7サミット2016の日程はいつ?開催地は三重の志摩市・賢島に決定

スポンサーリンク

 

G7サミットが2016年に日本で開催されます。開催地は三重県の志摩市・賢島に決定し「伊勢志摩サミット」と命名。G7サミット2016の日程はいつなのでしょうか?

 

G8メンバーだったロシアが参加国から外れ、7か国になる予定のようです。

 

G7サミット 2016

2016年のG7サミットは、日本開催となります。

 

2008年に北海道・洞爺湖で開催されたサミットから8年、日本の外交にとっても大きな影響力を持つであろうこのイベントに注目です。

 

開催地の決定と発表

G7サミット2016の開催地が決定し、マスコミにも発表されました。

 

気になる開催地は三重県の志摩市・賢島に決定。軽井沢も有力候補となっていましたが落選しました。 この発表を受け、志摩の現地では歓声が沸きあがったそうです。

 

三重県の志摩市と言えば、伊勢神宮をイメージする人も多いと思います。自然が溢れる過ごしやすい地域ですね。

 

「日本の自然、文化、伝統を各国リーダーに味わっていただける場所だ」

 

と安倍総理も、三重県を選んだ理由について語っていました。

 

サミットの日程はいつ?

G7サミットの日程も気になりますね。開催はいつでしょうか?

 

過去に日本で開催されてきたサミットは殆どが夏の時期―。なかでも7月が圧倒的に多いですね。 これまでの例から見ても、2016年のサミットは7月くらいになると予想。夏でも涼しく、皇室ご用達のホテルもある場所で、警備もしやすいことでしょう。

 

※追記:G7サミット2016の日程は、5月26日から5月27日に決定しました!!

 

賢島と同様に志摩観光ホテルも話題になっています。 安倍首相も色々と悩んだうえでの決断だったようですね。

 

参加国とロシア

本来はG8サミットと言って8か国が集まって開催されるのですが、ロシアが外れて7か国に。ロシアはウクライナ問題など色々とあり、アメリカや欧州と対立を深めていましたから…2016年もロシア抜きになる可能性が高いかもしれません。

 

しかし、安倍首相はロシアを参加国に引き戻したい思惑があるという見方もあり、今後の国際情勢の行方によって変わることも考えられますね。

 

通常の参加国は以下の通り。 フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、ロシア。 国際社会を脅かす中国の存在も議題に上がるはずなので、どういった話し合いが行われるのか気になるところです。

 

三重県の経済効果

サミットで得られる経済効果は数百億円とも言われ、開催地に決定した三重県の地元では着々と準備が進んでいくことでしょう。

 

海外に日本の文化をアピールできるチャンスです。クールジャパン戦略に取り組んでいる日本政府ですが、これを機会に、世界に日本の伝統を知ってもらえればいいですね。

 

2016年「伊勢志摩サミット」の成功を願っています。

スポンサーリンク