ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

義家弘介の嫁は高校を中退した教え子。子供の小学校は名門私立

スポンサーリンク

 

文部科学副大臣に就任した、「ヤンキー先生」こと義家弘介さん。

 

テレビで少し見た事があるぐらいであまり知らなかったんですが、現在の嫁は高校の教え子だったんだとか…そして子供は名門私立の小学校に通っているそうで、今の教育現場にも不満があるようです。

 

義家弘介の嫁と子供

内閣人事にあわせて、副大臣人事も決定。

 

文部科学副大臣に義家弘介さんが選ばれたわけですが、実はこの人、「ヤンキー先生」だった人ですね… あまり知らない人なので、色々と調べてみたんですが。。

 

まず、驚いたのが嫁の話。なんと高校の教え子だったみたいですね。いちおう公式では「高校を中退した自分の教え子と結婚、その後に妊娠」となっているみたい。

 

ただ別の雑誌やネットの情報では、高校生の教え子と交際していて妊娠させ、そして高校を中退。その後に結婚したと囁かれています。

 

本人の義家弘介さんは否定。真相は分かりませんが、その話がホントなら教育者として非常~~にマズイんじゃないかと思います。

 

嫁は北星学園余市高校の教師時代の教え子だったそうですが、他にも塾講師をしていた頃、教え子の中学生や卒業生との噂が絶えず、ドライブの目撃情報もあったり、生徒の母親との関係も指摘されていたとか… 熱血先生だったようなので、見方によっては親身になって生徒に接していただけ、とも受け取れます。

 

また、義家弘介さんをよく思わない人達がハメようとした可能性も考えられますね。 ただ、文部科学副大臣か。。。う~~ん… 嫁との間には子供がいて、現在は長男が名門私立の小学校に通っているそうです。

 

どうやら義家弘介さんは今の教育現場に不満があり、敵対していた過去もあるようで、そういう経緯もあるのかもしれません。

 

ヤンキー時代の過去と家族

ヤンキー先生だった義家弘介さん、昔は相当なワルだったようで… 父親がいない時に弟や姉に暴力をふるい、母親を階段から突き落とし、父親は殴って病院送りに。

 

ヤンキーというより、家庭内暴力?? 学校では高校2年生の時に、担任の女性教師の頭に火をつけて事件に。ネット上にもヤンキー時代の画像や動画が今でも残っているようです。

 

しかし一方で、ヤンキー先生時代には数多くの不良生徒たちを救ってきたのも事実。彼に人生を助けられた子供たちも多いと思います。

 

まあ「過去の事だ」と言えばそれまでですし、文部科学副大臣になるのだから政府からの期待もあるのでしょう。 今後の政策や活動に注目ですね。

スポンサーリンク