ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

ベッキー 金スマの内容と感想…そして苦情。井上公造「文春の駒はまだある」

スポンサーリンク

 

中居さんの神対応もあり、瞬間視聴率が26%を超えた金スマ―。

 

ベッキーが謝罪した内容と視聴者の感想についてお届けします。今後も復帰を画策するベッキーですが金スマには苦情が殺到。さらに井上公造さんは「文春の駒はまだある」と暴露。

 

f:id:seseo11:20160519092824j:plain

 

ベッキー 金スマの内容と感想

「番組のことは、何も聞いてませんでした」

 

ゲスの極み乙女のボーカル、川谷絵音の嫁はそう語りました。金スマが報道されることを嫁が知ったのは当日の夕方…ベッキーと事務所の「戦略」だったのでしょうか。。

 

金スマでベッキーはどんな内容の話をしたのか?いったい何を語ったのか?全文とまではいきませんが、その内容とテレビを観た人たちの感想をお伝えします。

 

ーー(1月の)あの会見に嘘はありましたか?
嘘はありました。

 

ーー正直には言えなかった?
その男性と出会って、好きになって、2人で出かけるようになって、その後で、でも「正式なおつきあいは離婚してからだね」ということになっていたんです。そこでブレーキをかければよかった。友達のままと言いながら、何度も会って、気持ちが大きくなってしまった。だから私たちの中では、おつきあいはしていませんという事実は半分本当だったんです。

 

ーー付き合ってはいなかったというのは違うのでは?
記者会見の時には、恋愛関係でした。子供の言い訳みたいだったと思います。

 

ーー俺は意地悪と思われてもいい、言いたくないのはわかるけど、旅行行って、付き合ってないは通用しないのでは
おっしゃる通り。

 

ーー付き合ってたんだよね?
気持ちが通った時点で不倫だと思います。

 

ーー会見の前夜なのに、何があったんでしたっけ
「ありがとう文春」って言ってしまった。その頃はまだ感情に溺れて、男性とおつきあいしたいと思っていました。ごめんなさい本当に。

 

ーー今、彼とは会っていますか?
会っていません、1月中旬から。

 

ーー長崎の時点で奥さんがいることは知っていたの?
知ってました。本当に最低なことをしてしまった。相手の立場に立って物事を考えられなかった。

 

ーーなぜ彼の実家に行ったの?
「親戚の子に合わせたい」誘っていただいて、行きました。自分の都合のいいようにとってしまった。ご実家ということで、真剣に考えてくれているのだと思いました。周りが見えなかったんです。本当に愚かでした。断ってしまうと、男性の気持ちが離れると思ってしまったんです。情けないです。ブレーキをかけられるポイントはいくつもあったのに、最低でした。

 

ーーもう好きじゃないの?
好きじゃないです。

 

ーー好きじゃない?
正直、報道が落ち着いたら、また何カ月かしてまた出会って、恋が始まるかなと思って。でも奥様の気持ちを知って、自分の罪の大きさを知って。一瞬ではないです、頭でまず考えて、「好きじゃない、好きじゃない」って、それに心が追いついた感じです。

 

記者会見ではなく、金スマの企画での謝罪を選んだベッキー。これがだいたいの内容ですが、SMAPの中居さんが上手く言葉を引きだしているのが窺えますね。

 

嘘に嘘を重ね、世間から大ブーイングの嵐を浴びたベッキー。本人はなんとか芸能界への復帰を望んでいるようですが、金スマの出演で各テレビ局とスポンサー企業を敵にまわしてしまいました。

 

今回の騒動でレギュラー11番組とCM10本を失ったベッキーと、記者会見もせず通常通り活動を続けている「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音。なんか対照的ですね。

 

金スマにベッキーが出演すると、視聴者から苦情が殺到。それでも涙の謝罪の効果もあってか、復帰を受け入れてもいいという視聴者も増えているようです。

 

この番組の内容について、みんなの感想は。。。

 

「別れたらそれでOK? 経緯を世間は忘れないだろう」

「奥さんにも謝ったんだし、もう許してもいいと思う」

 

 

ネットのアンケートでは復帰への反対が多いのですが、なぜかテレビのアンケートでは賛成が半数以上…やはりベッキーは「金のなる木」なのでしょうか。

 

SNSでは「復帰は無理」「絶対に反対」と言う人も多く、さらに芸能界へ戻るのを阻止しようとする動きも出ていて、反対署名も行われているというのが実態。

 

個人的な感想を言うと、正式な記者会見ではなく、いくらでも編集可能な「金スマ」を選んだのは、失敗だったと思います。今後じわじわとボディーブローのように効いてくることでしょう。

 

実は当初、彼女が所属する事務所はきちんとした会見をやってからテレビ復帰するべきだとベッキーを説得していたそうですが、本人は受け入れず…

 

マスコミの質問攻めにあうのが嫌だったのでしょう、完璧に作りこまれた台本と編集で華麗なる「涙の復帰」の舞台が放送されました。

 

井上公造「週刊文春の駒はまだある」

井上公造さんによると、「週刊文春の駒はまだある」とのこと。

 

ベッキーが川谷の嫁に謝罪した時、実はもう芸能界復帰の番組収録をしていたことを、ベッキーは嫁にいっさい話していませんでしたね。

 

この情報以外にどんな駒を持っているのか興味がありますが、ネットでは「本当はベッキーは妊娠してお腹に子供がいるとか…」なんてトリッキーな噂まで飛び出しています。

 

そもそも、文春などの週刊誌は「いつか使える隠し玉」というものを持っています。つまり、本当はスキャンダルなどの情報を入手しているんですが、「まだ使うタイミングではない」との判断で大事にしまっておくのです。

 

井上さんが考えている「駒」とはどんな内容なのか。。。7月に完全復帰を果たすとの情報もあるベッキー。今後も最新の週刊文春をチェックです!!!

スポンサーリンク