読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

伊勢志摩サミットのホテルにオバマも宿泊!志摩観光ホテルの値段は?

政治と経済

スポンサーリンク

 

伊勢志摩サミットが開催されるにあたり、安倍首相やオバマ大統領を含む首脳たちが宿泊する「志摩観光ホテル」に注目が集まっています。

 

伊勢志摩サミットのホテルは大規模な改装を行い、新たにオープン。実はここ、皇室御用達でもあり「華麗なる一族」の舞台にもなりました。

 

f:id:seseo11:20160523192857j:plain

 

伊勢志摩サミットのホテル

世界の先進国から首脳陣が集まり、世界の動向について話し合う…G7がいよいよスタートしますね。日本は伊勢志摩サミットの舞台に志摩市・賢島を選びました。

 

オバマ大統領はベトナム訪問のあと訪日し、志摩観光ホテルに宿泊することになります。もちろん、安倍総理や他の首脳たちも同じ場所に泊まることに。

 

ホテルは三重県の志摩市・賢島にあり、日本のクラシックホテルの草分け的存在のひとつとして知られ、一度は宿泊したいホテルとして有名です。

 

この場所を選んだ理由について安倍晋三首相は「日本の美しい自然、豊かな文化、伝統を世界のリーダーたちに肌で感じてもらえる」とコメント。

 

あとは立地的に警備がしやすいというメリットもあったみたいですね、サミットとなればテロの標的になる可能性もありますし、そこは重要なところです。

 

首脳会議が開かれる三重県の賢島では立ち入り規制も始まり、住民は政府が用意したシャトルバスで近鉄賢島駅から鵜方駅を移動するとか…もう警戒しまくりですね。

 

バスを利用する人には検問やボディーチェックがあり、市民たちは「信号で止まると検問、『トランクを開けて』など。しょうがない」と話しています。

 

伊勢志摩サミットでは過去最大規模の厳戒態勢が敷かれ、JR名古屋駅などでは1,000個もあるコインロッカーすべての利用ができなくなったとのこと。

 

愛知県の中部空港では、アメリカ軍の輸送機から大統領専用車などの車両が次々に降ろされ仰々しい雰囲気に。オバマさんやシークレットサービスの移動手段になるようです。

 

f:id:seseo11:20160523192949j:plain

 

志摩観光ホテルの値段は?

伊勢志摩サミットのホテルは山崎豊子さんの小説「華麗なる一族」でも描かれ、テレビドラマでレストランなどが実際に使用されました。

 

ホテルは海の向こう側を見て左がクラシック、右がベイスイートと分かれ、サミットの会場は「クラシック」、宿泊は「ベイスイート」となっているようです。

 

本館の建築は木造のクラシックホテル。創業当時のものである。かつては伊勢志摩における迎賓館的役割をになっており、現在でも皇族の三重宿泊の際にはこのホテルが利用される、いわゆる宮内庁御用達ホテルである。

 

気になる志摩観光ホテルのお値段ですが、頑張れば泊まれないことはないかな~というレベル。ただプランによってはけっこう高額な料金だったりするので、いざ宿泊しようと思ったときは公式サイトで確認しておきましょう。

 

クラシックのお値段はおよそ【3万円~8万円】と、プランによっては泊まれるかなという感じ。ベイスイートは【4万円~10万円】と少し高め。やっぱセレブな感じがしますね。

 

築60年越えのクラシックは有名な建築家の村野藤吾氏が手がけていたり、「藤田嗣治」氏の『野あそび』という名画が飾られていたりと、とにかく豪華。

 

伊勢海老や鮑、松阪肉などを使った料理が美味しいらしいので、何かの記念旅行などでぜひ訪れたい場所です。

スポンサーリンク