読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

小保方晴子は今、どこへ?どこに居る?STAP細胞捏造で自宅も崩壊

世の中ニュース

スポンサーリンク

 

STAP細胞は、あります―。 捏造に揺れた理研と小保方晴子さん。

 

今は、どこへ?いったいどこに居るんでしょうか?自宅には戻っていないようですし、現在の行方が気になります。 米ハーバード大などは「133回の再現実験で失敗」とネイチャーに発表したとのこと。

 

※過去記事の再アップになります。

 

小保方晴子は今、どこへ?

アメリカのハーバード大学などの研究チームが、STAP細胞の再現性を実験しましたが、再現できず全て失敗に終わりました。その回数133回―。

 

まあ当然でしょう、できないと思います。 理研の組織ぐるみの関与や上司であった笹井教授との関係が波紋を呼び、論文データの捏造に拍車をかけて批判の集中砲火を浴びた、小保方晴子さん。 彼女は、今どこへ―。

 

現在はどうしているのか、どこに行って何をしているのか。様々な噂が流れていますが、行方が気になりますね。

 

どこに居るのか…その行方

小保方さんだけでなくその両親にも批判の矛先が向き、実家に住めない状態となって行方が分からなくなっていました。

 

もちろん、小保方さんも自宅には帰らないままです。 彼女の父親と母親はそれなりに名の通った人達であったため、世間からの視線は厳しく、逃げるように自宅から姿を消したのかもしれません。

 

小保方晴子さんについては、週刊誌などが付きまとって取材しようと試み、都内のホテルにいるとか色々とマスコミが報道していたと思います。 ただ、今はどこへ行ったのか、詳しい事は分かっていないようですね。

 

噂ではイスラムの国々に行ったとか、韓国や中国の企業で働いているとか、田舎の地方でひっそりと身分を隠して住んでいるとか… 色んな話を耳にしましたが、実は意外と、東京都内にいるかもしれませんね。

 

ただ、どこに行ってもSTAP細胞のことで厳しい視線にさらされることは間違いなく、どんな生活を送っているのかは謎に包まれています。

 

小保方晴子さんは理研での研究時代、高級ホテルを自宅としてセレブ生活を送っていたようで、その資金はどこから出ていたのか、今も謎のままです。

 

理化学研究所には国民の税金も使われているはずなので、今後も小保方さんは捏造のレッテルを貼られ、メディアに追い続けられる事になるかもしれません。

スポンサーリンク