読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

オバマ大統領 任期はいつまで?トランプかクリントンか―。揺れる大統領選

政治と経済

スポンサーリンク

 

伊勢志摩サミットを終えたオバマ大統領は、あと残された任期を全うするべく公務に励むこととなります。任期はいつまでなのでしょうか?

 

アメリカでは次期大統領選挙の報道が過熱し、トランプ氏かクリントン氏かで揺れていますね。米国の未来、そして日本の未来とは。。

 

f:id:seseo11:20160526161535j:plain

 

オバマ大統領 任期はいつ?

オバマ大統領の任期はいつまでかと言うと、2017年の1月まで。伊勢志摩サミットと広島訪問を終えた彼は、あと半年ほどの任期を過ごすことになります。

 

え、もう終わり??って思う方もいるかもしれませんが、実はオバマさん、8年間もプレジデントを務めた事になるんですね~、「核のない世界」を訴え続けていました。

 

オバマさんは任期終了後、数年間くらいは首都であるワシントンに住み続けるそうです。というのも、次女のサーシャさん(14歳)が高校に通っており、卒業するまでは家族でゆっくり暮らすんだとか。

 

また名門私立校に通学している長女のマリアさん(17歳)は、卒業後は親元を離れ大学に進学するようです。ただ、一部メディアの報道ではオバマ大統領とミシェル夫人は問題を抱えていて、任期が終われば離婚するとの噂も出ています。

 

マスコミの報道はどこまでが真実か分かりませんが、果たして嘘かホントか。。

 

かつては敵国だった日本と米国が、これほどまでにパートナーシップを発揮するとは当時誰が考えたでしょうか?不平等な関係なのは否めないところですが、歴史の積み重ねというのは本当に凄いことだと思います。

 

振り返れば、オバマ政権の8年間は冷戦時代以降アメリカ外交が抱えてきた「過去の負の遺産」に、どのように一定の区切りをつけ、今後のアメリカ外交にどのような新たな方向性と意義付けを持たせるかを模索し続けた8年間であったといってもいい。

 

核プログラムに関するイランとの合意、キューバやミャンマーとの国交回復、ベトナムやフィリピンとの関係強化……オバマ大統領は、その任期中、これまでのアメリカ外交でいわば「タブー」とされてきた課題に取り組み、新しい方向性に舵を切る端緒をつけてきた。

オバマの広島訪問は 日米それぞれの外交に何をもたらすのか (Wedge) - Yahoo!ニュース

 

アメリカでは、すでに次期大統領選の戦いが熱気に包まれています。

 

トランプかケリーか、大統領選挙

CNNなど米メディアの報道では、大統領選はもはやトランプ氏とクリントン氏の一騎打ちのように報道されています。日本の国民も、この二人くらいしか知らないかもしれません。

 

「スーパーチューズデー」を制したドナルド・トランプ氏。

 

f:id:seseo11:20160526161620j:plain

 

アメリカの著名な実業家であり不動産王と呼ばれ、経済界に影響力を持っている人物です。政治家というよりビジネスマンという感じで、過激な発言も有名。

 

「不法移民を防ぐため、メキシコとの国境に『万里の長城』を築き、その費用をメキシコに払わせる」トランプ氏

 

過激というより、ゴリ押し感がハンパないですが、ともかく不法移民は深刻な問題です。

 

「日本が攻撃されれば、米国は助けに行かねばならない。だが、我々が攻撃を受けても日本は助ける必要はない。日米安保条約は不公平だ」

 

なるほどなるほど、でも条約を決めたのはアメリカだったのでは。。

 

政治経験はなく、4度の破産経験があるトランプ氏。当初は過激な発言や暴言でメディアを賑わせていましたが、最近では正論も言って支持者を拡大中のようです。

 

ただ、その暴言ぶりのせいか反対派も多く、集会などではデモが起こり、時には負傷者や逮捕者まで出る騒ぎに…なんか色んな意味で凄い人です。

 

一方のクリントン氏はというと…

 

f:id:seseo11:20160526161719j:plain

 

ビル・クリントン元大統領の奥さんである、民主党のヒラリー・クリントン。アメリカ合衆国国務長官、上院議員を歴任し、弁護士の資格も持っています。いわゆるエリートですね。

 

政治家経験も豊富でトランプ氏に比べると随分とまともに思えますが、共和党支持者からは批判の嵐ですし、消去法で当選しても、微妙だという声が出ています。

 

今回の選挙では不満がたまった米国民たちを導いてくれる「強い指導者」が求められており、クリントン氏は「弱い大統領」となってしまう可能性が高いとのこと。

 

またエリート政治家は嫌われる傾向にあり、さらに議会の反発も予想され、「元大統領の奥さん」というイメージが根強く残っているとの報道もあります。

 

ヒラリー・クリントン前国務長官が、米国史上初の女性大統領になれば、第3次世界大戦勃発が危ぶまれる。

「軍事大国アメリカによる一強体制」を信じる彼女が大統領になれば、イランやロシア、中国との対立を深め、日本にはそれに従うよう求めてくるだろう。

 

クリントンさんは、戦争がしたいんでしょうか。。。

 

現時点ではヒラリー氏よりトランプ氏のほうが少しだけ優勢のようですが、予想外の出来事に他国の外交官たちも頭を悩ませているんだとか。

 

アメリカの未来は、日本の未来でもありますからね、頼みますよ~。

スポンサーリンク

 

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp