ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

なぜ?消費税10%の理由と時期。メリットと怖~いお話

スポンサーリンク

 

いやいや、なんか消費税が10%に値上がりするらしいですね。 庶民の生活はいっそう厳しくなるばかり…(・.・;)消費税10%になるのはなぜ?その理由は?

 

時期がいつからなのかタイミングも重要ですね。 もちろんメリット・デメリットがあると思いますが、実は怖~い話も。。

 

消費税10%はなぜ?

2017年に「消費税10%を実現するぞ~~!!」と意気込んでいる財務省。東大卒のエリートたちは高給取りだから、増税なんて痛くもないんでしょうね… 一般庶民の財布の中はいつも火の車ですが(・.・;)

 

よく言われるのが、「安倍政権は消費税をあげたくないが、財務省がなんとか成功させようと画策している」との話。 そもそも、なぜ消費税10%を考えているのか、その理由を調べてみました。増税になる時期がいつからなのかも注目です。

 

あと、実は怖~い噂が。。。

 

消費税10%の理由と時期

現在の消費税は8%。これでもかなり厳しく、庶民の家計は炎上しています。節約に励んでも税金はあがっていく一方ですね。 これがさらに消費税10%となると、大ピンチです。

 

飲食料品などは軽減対象になるようですが、それでも負担が増えるのは確実です。 時期については、2017年の4月からを予定しているようですが、できれば延期になってほしいものですね。いや、いっそ中止に。。。(ー_ー)!!

 

※追記:時期は2018年に延期になったようですね。

 

消費税10%にする理由は色々と説明されていますが、すごく簡単に言うと「日本の財政は厳しいんです、このままだと借金まみれでたいへんな事になりますよ」というアナウンス。 これは仕方ない事なのだ、というニュアンスですね、それが増税の理由のひとつです。

 

まあ日本の借金は「危機の捏造」疑惑もありますし、財政って言っても政治家や特定団体、大企業なんかの利権を止めれば改善するわけで、理由としては納得できない国民も多いのではないかと思います。

 

メリットと、怖い話。

消費税10%に関するメリットとデメリットで、一般的に説明されている内容はこんな感じでしょうか。。

 

◆メリット これで財政赤字が改善されるから、社会福祉なんかにお金をまわして国民の生活がよくなるよ。未来はきっとよくなるはずさ!!!!キリっ<(`^´)>

 

◆デメリット 消費が落ちて経済全体も悪化するよ。サラリーマンなんかはボーナスとかカットされる企業も出てくるかも…あ~~、生活していけない!!!!(T_T)

 

とまあ、少しふざけて書いてみましたが、だいだいこんな感じです。 実は他にも、ちょっと気になる話があるんです。あるジャーナリストが指摘していた事なんですが。。

 

それは「日本がIMFに脅されている」。 ???え、なぜ?どうゆこと!?

 

つまり、消費税10%の計画は日本政府案ではなく、IMF(国際通貨基金)が日本へ要求している内容で、これに逆らえないってことらしいです。

 

欧米の資本家たちが作ったIMFは日本から様々な形でお金を吸い上げ、自分たちに貢いでくれる奴隷として顎で使っているとか… 日本政府からの資金や、国民から集めた税金が知らない形でIFM・欧米の資本家たちの手に渡り、逆らえないように脅されているそうです。 これが本当なら怖すぎです。。(・.・;)

 

ちなみに、IMFさんは「日本は最低でも消費税15%にまでするべきだ」と発言しています。←いやいや、そりゃ無理でっせ、生きていけなくなりますよ。。

 

消費税10%なら、100万円の軽自動車が110万円に。アウチ、消費税だけでプラス10万円ですか、こりゃ破産しますな、ローン地獄です。

 

なぜ一般庶民の生活は楽にならないのか…答えが見つかりません。

スポンサーリンク