ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

貧困女子の生活が深刻…結婚どころではない現実と闇

f:id:seseo11:20160626114002j:plain

 

一見OLに見える、貧困女子の生活が深刻だった… 貯金はゼロ、家も住所もない、結婚どころではない女性の悩みと「見えないホームレス」の実態。 貧困女子は現在でも増え続けています。

スポンサーリンク

 

貧困女子の生活

「見えないホームレス」とも言われる、貧困女子の生活が問題になっています。 その実態は深刻で、日本の社会問題として今後もっと大きくなってくと言われています。ネットカフェに寝泊まりして生活している彼女たちは、何らかのきっかけで、そうせざるを得なくなってしまった女性たち。

 

貯金はゼロで持っているは手持ちのお金だけ。ネットカフェもできるだけ安い時間帯や場所を選んで入るとのこと。路上でホームレスになる人とは違い、社会的に見えにくい形で増えている貧困なんだそうです。

 

原因は様々で、以前は正社員で働いていたけど職を失ってしまった人、家賃が払えなくなって追い出された人、親や親せきや友人など頼れる人が周りにいない人… また、結婚したけど夫のDVから逃れてきた人や、複雑な家庭環境で育った人も多いとのこと。

 

抜け出すのは難しい

彼女たちには住所がないため、就職するのも難しく、一度転落してしまえばそこから抜け出すことが難しくなるようです。 病院にも行けずに我慢しているケースも多いと思います。

 

貧困女子の多くは周りに助けを求める人がおらず、どこに相談していいか分からない女性がほとんどだそうで、支援するNPO法人なども把握することが簡単ではないらしいです。

 

家があって仕事をしている女性の中でも貧困女子は増えていて、給料の手取りが10万円、家賃などを支払ったら生活費はごくわずか…という現実も。 そうした女性の多くは生活のために風俗産業などを兼務する場合もあり、対策やケアが求められているとのこと。

 

現在は正社員で働ける女性の数も減ってきていますし、企業側の対策も必要だと思います。 そういった女性たちを支えて、ケアできる仕組みがもっと広がればいいのですが…

スポンサーリンク