読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

東京オリンピックのボランティアは英語の語学力が必須!

イベント情報

f:id:seseo11:20160626143509j:plain

 

少しずつ迫ってくる東京オリンピック2020。 早くもボランティアスタッフが話題になっているようです。五輪ボランティアには英語の語学力が必須と言われていますが、どのくらい話せればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

英語と語学力について

東京五輪において、まさに英語力は必須と言えます。 世界中から観光客が訪問しますし、五輪選手たちもグローバルです。世界の共通語である英語は話せて当然で、レベルの高い通訳が求められます。

 

つまり、ただ話せるだけでなく、相手の思いや意思を伝える能力・コミュニケーションスキルが求められているのです。 以前の長野五輪の時には「TOEIC」のスコアも採用され、リスニング・リーディング能力が優秀な人から選ばれていった経緯もあります。

 

TOEICと言えば現在では就職や転職にも有利だとされ、様々な勉強法も公開されているので、本格的に東京オリンピックのボランティアとして活動しようと考えている人は、ぜひ一度試験を受けてみることをオススメします。

 

東京都でも、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、「外国人おもてなし語学ボランティア」を育てようとしていて、すでに各地でオリンピックに備えた取り組みが実施されようとしています。 英語に自信のある方は、ぜひチャレンジしてみましょう。  

 

通訳ボランティアの育成

2020年の東京五輪に向けて、日本全国の外国語大学が「通訳ボランティアの育成」に乗り出しています。 千葉市にある神田外語大学が「語学ボランティアの提案」をし、他の学校なども賛同して全国的に活動を展開していくとのこと。

 

最近では学生の間でもボランティアの考えが広まっていて、ソチ五輪の時にも学生の通訳ボランティアスタッフが数多く活躍しました。 ソチ冬季オリンピックではロシア語が話せないとダメでしたが、今回はアジアの中心とも言えるJAPAN・東京。

 

英語はもちろん、アジア最大の人口を誇る中国からも大量に人が来ることが予想されますので、中国語も話せる人は有利です。 また、ヨーロッパ圏ではフランス語やスペイン語の語学もできた方がいいでしょう。とくにフランス語は独特の発音があり難しいので、話せる人は優遇されるはずです。

 

さらに日本ではアフリカ圏の通訳ができる人が少ないため、アフリカ周辺の国に対応できる語学力がある人材が欲しいという意見も。 いずれにせよ、通訳と同時にコミュニケーションをとれる人が求められていると言えるでしょう。  

 

ボランティアの募集と応募

東京オリンピックのボランティアは、2016年から募集と登録が開始されます。 2020年までにまだ期間があるのに早すぎ!と思う方もいるかもしれませんが、それだけ大きな一大イベントであり、入念な準備が必要なのです。

 

国の威信をかけて開催した五輪が失敗した、なんてことになれば、国際社会へのイメージダウンにもなってしまいますので。。。 応募したいと考えている人はいまの内から備えておき、募集開始と同時に応募するのがいいと思います。

 

過去のオリンピックでもボランティア募集の倍率はかなり高く、応募の人数が採用人数をはるかに上回ることがほとんどです。 なので、今回の応募も募集と同時にあっという間に埋まり、履歴書選考や面接などを経て実際の採用が決められることでしょう。

 

日本オリンピック委員会(JOC)や東京オリンピック組織委員会などの公式サイトから募集を開始すると思われ、その人数は8万になるとも囁かれています。 ボランティアには通訳以外にも様々な種類があり、大会・会場運営、選手サポート、医療系、通信などネットワーク、サービススタッフ、交通整理など、この他にもたくさんの協力を必要とします。

 

また、ボランティアなので基本は無償での活動になりますが、中には高度なスキルを要する活動には有償での活動や人材募集もあると思われ、2020年に向けて新たな雇用も生まれようとしているので、経済効果も大きいものになるでしょう。  

 

東京オリンピックバブルが起きる

日本では、1964年に開催された東京オリンピックより56年ぶりの開催となります。 1964年の頃の熱気は凄まじく、その後の日本は高度経済成長を歩み続け、経済的に豊かになっていきました。 そして今回、2020年の開催が意味すること―。

 

それは「東京五輪バブル」が起きると言われています。 新たなインフラや雇用、建設や観光・サービス業の拡大など、五輪関連の経済効果は計り知れず、影響は国内外に広がると予想されているようです。

 

土地や不動産価格が上がり始め、不穏な動きも見せ始めているとの指摘もありますが、東京オリンピックが経済にあらゆる影響を与えることは間違いありません。 実際に見に行くのもよし、ボランティアとして活動するのもよし、テレビで金メダルの瞬間を眺めるのもよし、楽しみ方は人それぞれですね。

スポンサーリンク