ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

英国 イギリスEU離脱で為替は?ドル円や豪ドル、ユーロやポンドの影響

f:id:seseo11:20160627144008j:plain

 

なぜ?英国(イギリス)が突然のEU離脱…日本への影響も計り知れず、為替やドル円、豪ドルやユーロ、ポンドなども乱高下することが予想されます。

 

円やドルだけでなく、日経平均の株価も暴落。EU離脱の荒波が世界に押し寄せています。

スポンサーリンク

 

 

英国 イギリスEU離脱で為替は?

資本家たちが広めたグローバル経済により、世界の金融は繋がりました。

 

為替でそれぞれの国の通貨は取引されているので、何か経済危機があれば多くの国が影響を受ける仕組みになっています。リーマンショックもそうでしたね。

 

リーマンショックはアメリカのウォール街からでしたが、今回は英国(イギリス)発信。国民投票によりEU離脱が決定となり、株価や為替レートが大きく変動しています。

 

ドル円や豪ドル、ユーロやポンドの影響

日本の通貨といえば円ですが、アメリカのドルと取引され、為替で繋がっているので英国(イギリス)のEU離脱でかなりの影響を受けています。

 

ヨーロッパの通貨はユーロ、イギリスは独立してポンドを使用していますね。一見はドル円とは関係なさそうですが、いわゆる「逃避先」として円が買われています。

 

つまり簡単に言うと、今回のEU離脱は経済的な損失が大きく、ユーロやポンドが大幅に売られ下落するので取りあえず円を買って資金を移しておこう、みたいな感じですね。

 

もちろん、米ドルや豪ドルも買われるでしょうが、日本のドル円取引のほうが影響は強く、個人的にはより深刻だと考えています。

 

為替取引でドル円や豪ドル、ユーロ円など様々な取引をおこなっている投資家がいると思います。これは全てのレートにいえることですが、今後は徐々に円高に傾いていき、日本経済は2~3年間の期間をかけて大きなダメージを受けることでしょう。

 

英国(イギリス)のEU離脱により安倍首相も対策に乗り出しています。日本政府や日銀と連携をとり、麻生財務相らに市場の動向を注視するよう指示。

 

「為替市場を含む金融市場の動きに、これまで以上に注意を払っていただきたい」、「他のG7(主要7カ国)諸国と緊密に協議し、経済・金融面での必要な対応を機動的にとっていただきたい」

 

為替取引はFX取引などと呼ばれ、最近は少ない資金で始められると若者にも人気なんだとか。。普通のサラリーマンや高齢者なども実践しているという話を多く聞きます。

 

ただ、FXはレバレッジをかけて取引できるため、僅かな為替レートの変動で大きな影響を受ける可能性があり、リスクの高い金融取引だと言えます。

 

英国(イギリス)はこれからどんな道を歩んでいくのか…世界が注視する未来の姿は、国民投票に行った国民たちにかかっています。

スポンサーリンク