ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

ON ドラマ感想ネタバレ、原作の結末は?ロケ地やキャスト、視聴率まとめ

スポンサーリンク

 

波瑠さんが主演のドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」。ドラマ感想ネタバレまとめです。この作品は原作が存在しますが、ドラマの結末・最終回が気になりますね。

 

ONのロケ地やキャストについてもご紹介します。波瑠さん、連ドラ初主演でかなり気合が入ってるみたいですよ~。

 

f:id:seseo11:20160713131801j:plain

 

ON ドラマ感想ネタバレ、原作まとめ

波瑠さん、横山裕さん、要潤さんなど豪華キャストでお送りする猟奇犯罪ミステリーで、不可解な殺人事件に立ち向かう主人公(藤堂比奈子)を演じるのが波瑠さん。

 

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子は難解な殺人事件に挑む新人刑事の物語。「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」。なんか意味深な言葉ですね~、このドラマのテーマはスイッチの「ONとOFF」です。

 

さあ、まずドラマのキャストは…

◆波瑠、横山裕、要潤、高橋努、斉藤慎二(ジャングルポケット)、百瀬朔、佐藤玲・林遣都、奥貫薫、光石研、原田美枝子、渡部篤郎

 

あっ、「こいよ」のモノマネでも有名な渡部篤郎さんが出てます、好きなんですよねこの俳優さん。味があって色気があっていいですね。最近は再婚されたそうで、おめでとうございます( *´艸`)。

 

dododo.hatenablog.jp

 

個人的な感想を言うと、けっこうありがちな刑事ものドラマなので、波瑠さんの魅力とキャラでどれだけ視聴者を引き付けることができるか…ストロベリーナイトのような飽きさせない展開が必要だと思います。

 

一見すると、明るく真面目な比奈子だが、彼女には誰にも明かしていない心の闇があった…。比奈子が刑事になった理由、それは「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」という疑問を解決するため。凄惨極まりない猟奇殺人現場でも平然と捜査に取り組むが、強すぎる探求心から時に単独で殺人犯に接近するなど危険な一面も。なぜ比奈子は犯罪者に異常なまでの興味を示すのか?それは物語が進むにつれ明らかになる。

 

ONには原作があり、続編で「CUT」「AID」「LEAK」と続いていきます。著者は内藤了さん、日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作です。

 

ON [ 内藤了 ]
価格:691円(税込、送料無料)


 

原作のネタバレをすると、スイッチというのは殺人を犯した人が罰を受けて死ぬためのスイッチであり、「ON」にすると、犯人は自分が殺した被害者と同じ方法で自分自身を殺してしまうという、まさに異常なシステムなのです。

 

原作では開発したのはハヤサカメンタルクリニックの中島医師で、事件の真相に迫る人物。結末までネタバレすると、一連の事件でスイッチをONにしたのは中島医師ということになります。

 

ただ、ドラマでその通りに描かれるかどうかは疑問ですね。原作では残虐な描写もありますし、ストーリーは同じような流れになるかもしれませんが、最終回の結末はオリジナルになるかもしれません。

 

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」のロケ地は、高円寺にある純情商店街や飲み屋街、世田谷区の若林公園、そして板橋区にある舟渡水辺公園などが利用されているようです。もちろん、警視庁もロケ地のひとつですね。

 

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」は1話から関西地区で13%を超える視聴率を記録するなど、好発進。今後も高視聴率を維持していけるか見どころです。以上、ON ドラマ感想ネタバレまとめの記事でした!!

スポンサーリンク

 

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp

 

dododo.hatenablog.jp