ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

台風7号2016最新進路は?関東上陸と関西への影響は

スポンサーリンク

 

小笠原諸島に接近し、関東に上陸する恐れのある台風7号2016。

 

台風7号の最新の進路が気になりますね。このまま進めば東京や大阪(関西エリア)にも影響が出てきそうです。気象庁の最新進路をチェックし、十分に備えておきましょう。

 

台風7号2016最新進路は

強い勢力へと発達しながら進んでいく台風7号。2016年もいよいよ台風ラッシュに突入ですね、お盆明けから本格的にシーズンに入りそうです。

 

台風7号の名前はチャンス―。ちょっと変わった名称ですがそれはいつもの事。米軍やヨーロッパの進路予想でも早々と警告が出ていましたが、気象庁の最新の進路でもかなりヤバそうな感じです。

 

f:id:seseo11:20160814194625j:plain

 

16日にはすでに小笠原諸島で暴風域に突入しており、その後17日には日本上陸へ目がけてまっしぐら。とくに17日から18日にかけて警戒が必要となりそうです。

 

◆台風7号2016のスペック情報

 

・中心気圧は994ヘクトパスカル

・35kmの速度で進路は北北東

・最大風速は25m/s(50kt)

 

まだまだ進路は不確定ですが、本州へ上陸すれば真夏の東京を直撃。関東エリアだけでなく関西方面も暴風域や大雨の影響が出そうです。最新のニュースを確認しておきましょう。

 

サラリーマンやOLたちはお盆明けも仕事がありますが、学生たちは夏休み…2016年も海に旅行にとレジャーに大忙しな若者が多いと思います。

 

台風7号2016の影響により、大阪~東京、東北~北海道にかけて飛行機が欠航になる可能性もあります。旅行を計画していた人はJALやANAのホームページで運行状況を調べておきましょう。

 

また飛行機だけでなく新幹線などにも要注意。進路が西にそれれば名古屋などにも波及します。付近の海域も高波などに気を付けたいところです。

 

ところで、今年の夏は花火大会に行きましたか??やっぱり夏の風物詩と言えば花火にかき氷、そして肝試しですね。まさに楽しいことだらけなわけですが、台風7号によって楽しみが破壊される人々が増えそうな予感がします…( ;∀;)

 

以上、台風7号2016最新進路まとめでした!!

スポンサーリンク