読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

クリントンのメール問題は何が問題?内容を簡単に【FBIと大統領選】

政治と経済

スポンサーリンク

 

アメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントン氏のメール問題が注目を浴びていますが、いったい何が問題なのか、内容を簡単にお伝えします。

 

FBIの再捜査で「問題ない」と語られた理由とは…ヒラリークリントン大統領の誕生目前で、全米が揺れています。

 

f:id:seseo11:20161108181038j:plain

 

クリントンのメール問題は何が問題?

誕生するのはトランプ大統領か、ヒラリークリントン大統領か…全米の投票を目前に控え、クリントン氏のメール問題が話題になっています。

 

FBIは再捜査で「訴追に相当しない」「結論は変わらない」と結果を発表。これにより市場は歓喜し、NYダウは上昇しました。

 

そもそも、メール問題は何が問題なのか、なぜFBIが再捜査していたのか、その内容を簡単にまとめました。

 

◆メール問題は何が問題?

ものすごく簡単に内容を説明すると、ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代、公務に私的な電子メールアカウントを使っ ていたということ。つまり、仕事の連絡にプライベート用のアドレスを使用していたというわけですね。

 

例えば、自宅に置いてある自分のパソコンの私的メールアドレスで仕事用の連絡をとったりとか…セキュリティー管理が不十分、規則違反だとして問題になっていたんです。それの何が問題なのかは一目瞭然で、大事な政府情報が流出可能性があるからですね。

 

◆FBIはなぜ再捜査していた?

メール問題について何が問題なのかは分かったと思いますが、ではなぜFBIが再捜査していたのか…これには様々な理由が考えられますが、トランプ側が意図的に情報などをリークし、ヒラリー・クリントン氏を追い込もうとしていた可能性もあります。

 

◆「訴追しない」となったのは、なぜか

規則違反かもしれないが事件性はなく、FBIが動くほどの事ではないと考えたのかもしれません。それにメール問題で本腰を上げれば、複数の処分者が出る可能性もあります。

 

そして、実際のメールには国家機密レベルの重要な内容が含まれていた可能性が高く、これ以上踏み込むべきではないと判断したとも考えられます。

 

f:id:seseo11:20161108181135j:plain

 

ヒラリークリントン大統領と日本への影響

アメリカ大統領選挙は米資本家たちの「代理戦争」とも呼ばれていますが、おそらく明日にでもヒラリークリントン大統領が誕生するはずです。

 

NY市場はすでにその予定で動いており、株価や為替にもはっきりとあらわれています。クリントン大統領の場合、日本への影響も限定的で安定的であると言えます。日米同盟も重視していますし、安全保障としてもそんなに心配する必要はありません。

 

ですがもしトランプ大統領だった場合、破壊的な政策により世界はメチャクチャに…日本も敵視されていますしね。影響も莫大ななものとなります。

 

今回の選挙は投票率もかなり高めで、全米が注目でも特別な大統領選となりそうです。全米初の黒人大統領・オバマ大統領の次は、初の女性大統領の誕生です。。。まるで予定された筋書きのようですね。

 

いずれにせよ、クリントン氏のメール問題やトランプ氏の女性問題でマスコミや世間が注目したのは事実。普段は選挙にいかない層が動いたことも事実ですね。

スポンサーリンク