ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

トランプ大統領に「戦争が始まる」の声…北朝鮮への発言から読む

f:id:seseo11:20171217164402j:plain

 

「Xデーはいつなのか」「戦争が始まるー」。

 

トランプ大統領の過激な発言から、北朝鮮への攻撃が迫っていると心配している方が多いようです。当然ですよね、そうなれば日本にも大きな影響が出てきますから。。

スポンサーリンク

 

 

本当に戦争が始まるのか

ニュースを見れば毎日のように北朝鮮情勢の特集が組まれ、オカッパ頭の金正恩が「アメリカを叩き潰す」とか発言してますね。

 

まず初めに言っておくと、北朝鮮はアメリカを挑発しているのではなく「威嚇」しています。挑発と威嚇では随分と意味が変わってくるので要注意。このへんをテレビ局はごっちゃに報道したりしますから。

 

ネット上ではついに戦争が始まるなんて囁かれていますが、トランプ大統領の発言は狡猾でシンプルです。

 

米マスメディアはいかに彼が頭の悪い指導者であるかを必死に報道し、日本のマスコミも同調してトランプ叩きを繰り広げていますが、実際には相当なキレものです。マスコミを利用し、その発言にも思惑が隠れています。

 

トランプは北朝鮮を激しい言葉で非難していますが、本気で戦争する気ならとっくにやっている、というのが多くのジャーナリストの見方のようです。

 

まあ確かにそうですよね、ジョンウン暗殺計画も随分と前に出来上がっていますし、最近のシリア攻撃を見ればわかる通り、本当にやろうと思えば「何も言わずに」ズドーンってやるのがアメリカです。

 

なので今回の場合は脅しをかけているわけで、実際に「戦争が始まる」可能性は低いと考えられます。米国がプレッシャーをかけているのはむしろ中国であり、習近平へ様々な圧力をかけているのです。

 

ただ一方で最近のトランプの発言からより危険になったと考える専門家もいるみたいですね。ティラーソンやトランプ大統領が「キタとは無条件で話す用意がある」と語っていたことで方針転換したと思われていましたが・・・

 

実はその会談を「北朝鮮がブチ壊した」もしくは「ヤツラが合意しなかった」といって、ジョンウンの立場をさらに悪者に仕立て上げようとしているとのこと。

 

米国は譲歩したのに北朝鮮が反対した、アメリカが歩み寄ったのにヤツラは顔に泥を塗った、もはや金正恩の暴走を止められない、もう最後の手段しかないーー

 

なんて具合になると予想している人もいます。ちょっと考えすぎではとも思ってしまいますが、その可能性はゼロではありませんし、国際情勢はいつ何が起こるか分かりません。

 

昔からアメリカの手段は「相手に先に手を出させる事」です。もし本当に戦争が始まるのであれば、そのへんに注目したいところです。

 

現実問題として日本も、領土の上空をミサイルが通過するという戦後最大の危機を迎えているわけであります。にもかかわらず、国会中継やマスコミ報道のあり方には疑問が残ります。ですが、私たちはミサイルの危機に備えなければなりません。

 

実際に日本をどう守るのか、国民はどうやって危機に備え、ミサイルが落ちた場合はどう対応するのか、本当に重要なことをもっと議論してほしいと思います。

スポンサーリンク