ドドド通信

あなたの毎日にドドド通信。世界に愛を

ガソリン価格の今後2018!予想は値上がりで推移か…

スポンサーリンク

 

価格推移のグラフを見ても、ジワジワと上昇しているガソリン価格。今後、2018年も値上がりが続くことが予想されます。

 

ガソリン価格は米国のシェールオイルとOPEC(石油輸出機構)によって大きく左右され、需要と供給のバランスで成り立っています。

 

ガソリン価格の今後

f:id:seseo11:20180306153118j:plain

 

消費税が8%になり、仕事はハードワークなのに給料は上がらない…さらにガソリンまで高くなったら、もう生活できない!!なんて人も多いはず。

 

去年、サウジ政府の汚職対策機関が王子たち数十人を一斉に拘束したのも記憶に新しいかと思いますが、ガソリン価格はこういった政情不安に大きく左右されます。

 

そもそもガソリン価格の元となる石油は、石油輸出国機構(OPEC)や非加盟国のロシアなどが増産するか減産するかによって値段が大きく動き、輸入に頼るしかない日本には切実な問題なのです。

 

2018年も値上がりか

まず、今後の価格推移を予想すると、2018年もジワジワと上昇していくことでしょう。

 

本来は今年中に期限が切れるはずだった原油の協調減産を、2018年末まで延長が決定。これにロシア・プーチン大統領も賛成し、原油先物価格は下がる気配がなさそうです。

 

ただし、そうなれば米国のシェールオイルが増産され、ガソリン価格は下がることに…需給バランスによって一時的に下がることも予想されます。

 

短期的に見れば下がる時期もありますが、長期的に見れば、今後もガソリン価格は上昇していく可能性が高いでしょう。庶民にとっては一大事ですね。

 

他にもイランでの反政府デモや中東情勢の不安定化、為替の動きなどにも影響を受け、価格推移は変動してくるので要注意。少しでも下がったタイミングで満タンにしておくのもいいかと思います。

 

最近は電気自動車やレンタリースで車をシェアする仕組みも流行っていますが、週にどれくらい乗るのか、短距離なのか長距離なのか、それぞれのご家庭によって異なってくるのでよく考えてからにしたいですね。

 

安いガソリンスタンドに長蛇の車の列ができるのもよく目撃されています。

 

空気圧をこまめにチェックしたり、車に不要な荷物を載せておかない、急発進・急停止しないなど、ガソリンを節約できる方法は色々とあるので、ぜひ実践してみることをオススメします。

スポンサーリンク